• HOME
  • 情報漏洩監視サービス「N-SIPS」

サイバー脅威情報提供サービス

あなたの会社が攻撃を受ける、その前に

サイバー脅威情報提供サービス

あなたの会社が攻撃を受ける、その前に

はセキュリティ情報を事前に提供する

新しいサイバー脅威情報提供サービスです

最近のセキュリティ事情、ご存知ですか?

最近、日本に対するサーバー攻撃が増加

左図は日本の某サイトに対する不正アクセス国別割合の一例です。
中国からの不正アクセスは全体の半分以上であり、中国特別行政区の香港を加えると圧倒的に中国が多く、全体の約2/3となります。

日本にとって中国からの不正アクセス対策をすることが非常に重要な課題となります。  

なぜ中国からの不正アクセスが多いのか?中国からの不正アクセスの脅威とはどのようなものなのか?

ハッカーたちは金銭目的で無差別攻撃(海外攻撃のほとんど)

オンラインビジネスをする国内外のほとんどのサイト運営者が被害を受けている

中国ブラックマーケット

現在、中国のブラックマーケットの情報のほとんどはハッキングに関する情報が取引されています

現在、中国のブラックマーケットの情報のほとんどは
ハッキングに関する情報が取引されています

セキュリティ豆知識

闇空間のWebサイト
✓ 検索エンジンの自動情報収集が不可能なWeb サイト
✓ 「Onion」等の専用ブラウザでしか閲覧することができない。
✓ユーザの匿名性を維持し本来の目的とは違う犯罪に絡む不正な取引が行われている。
✓ 閲覧方法を知る人のみアクセスすることができる。

ダークウェブ内に存在する犯罪にかかわるネット上の市場

✓しかし中国のブラックマーケットはダークウェブ内に存在しない
✓SNSを利用し、推薦による招待コードを通じてアクセス許可を受ける必要があるため、秘匿性が高い

中国ブラックマーケットで取引される 日本に関する情報とは?

ブラックマーケット内の日本に関する売買情報

・悪性ソースコード
・クレジットカード情報
・企業極秘情報
・特定サイト攻撃依頼

・マルウェア
・ネット銀行口座情報
・各種アカウント情報
・企業サーバーハッキング情報 等

有名ショッピングサイトなど
多数が存在し日々更新されている

日本のハッキングされたサーバ / 日本向けイシュー

・xxxx大学サイトハッキング

・脆弱性の存在によりハッキングされたサイト
・金融業界トロイの木馬

具体的なURLやIPアドレスのサーバ権限が
ハッカーフォーラムで情報共有されその数は40万件以上

SIPS ・N-SIPSで事前にサイバー脅威情報を取得して

あなたの会社の情報を守りませんか?

SIPSはハッキングに関連するセキュリティ情報を提供するサービスです。
中国のブラックマーケットの中からハッキングに関する様々な情報を収集し、事前兆候や事前準備情報を含む未知の情報を主に専用サイトにて提供します。

※SIPSは弊社パートナーが提供するサービスです。詳細及びお問合せに関しては下記よりご確認ください。

【簡易通知サービス】

※近日リリース予定

SIPSサービスと同じセキュリティレベルでエビデンスを簡素化した簡易版サービスです。
事前に登録いただきましたお客様情報を弊社コールセンターにてSIPS上にて該当する項目がないか随時監視を行います。レポートの開示はなく必要最低限の情報のみお客様へ通知致します。

SIPSの国内総販売元はサウスプルーム株式会社です。

事前のセキュリティ対策で会社を守る

まずはお問合せ下さい

本社(西日本支店) 06-6577-4121

東京支社 03-3666-1055 

名古屋支店 052-955-8523